窓屋.com

  • 施工エリア 旭川市近郊
  • お問い合わせ
通話料無料フリーアクセス
窓のことなら何でもご相談ください!
0800-800-4222

メニューを開く

Advice
「窓」豆知識

窓や玄関ドアから熱は逃げていく

家の中の暖かさを一番逃がしているのが窓や玄関ドアなどの開口部です。暖房時には約37%の熱が逃げています。
すなわち、住まいの寒さ対策のために、効果的なのが開口部の断熱対策です。もちろん、断熱効果は夏の暑さを防ぐ効果も期待できます。

暖房時の熱の流出割合
壁や屋根に断熱材 (100mm厚)、窓は単一ガラスサッシ
<出典>旧通産省 「ゆとりと豊かさの快適住宅のために
暖房時の熱の流出割合
環境に対する負荷を軽減してエコ住宅に

冬の冷たい外気を遮断し、暖気を逃さない。
これを実現できれば、暖房エネルギーを削減でき、CO2の削減も期待できます。
もちろん、暖房費も節約でき、地球にも家計にもやさしい住宅です。
近年では、国をあげて省エネを推し進めています。
一軒一軒の住まいの断熱性能が上がっていけば、地球環境に与える影響もきっと大きなものとなるでしょう。

一般的な寒さ対策

寒さが窓や玄関からきていることがわかっていても、あまり対策できていないことがほとんどです。
手軽にできる寒さ対策をご紹介します。

  • カーテンを床までの長さのあるものに替える
  • ・窓に断熱シートを張る(ホームセンターなどで売っています)
  • ・窓に隙間テープを張る(ホームセンターなどで売っています)
  • ・床には断熱性の高いマットやカーペットなどをひく(冷気は下に溜まります)
「窓」「ドア」を断熱仕様に

ホームセンターなどには、上記であげたようなたくさんの寒さ対策グッズが売っていますが、やはりお部屋の見た目が気になります。
そこで効果的なのが、断熱効果のある窓や玄関ドアに替えることです。
近年の新築住宅のほとんどが断熱効果の高い複層ガラスを用いた窓を採用しています。
リフォームドアも断熱効果のあるものの人気が上昇しています。
このことからも断熱効果の快適性が認知されていることがわかります。

以下は、代表的な断熱窓ガラスの種類のご紹介です。

二重窓
ガラスの種類は変わりませんが、今ある窓の内側にさらに窓をつけることにより、窓と窓の間に空気の層が生まれ、熱を伝わりにくくします。
複層ガラス(ペアガラス)
単層サッシにガラスを2枚使い、ガラスとガラスの間に乾燥した空気が入っています。
空気層が厚いほど断熱性が高く、ガラスの厚さは12mm以上になります。
真空ガラス
ガラスを2枚使っているのは複層ガラスと同じですが、ガラスとガラスの間は真空になっています。
真空は熱を伝えないため、複層ガラスより高い断熱性があります。
また、厚さが6mm程のため、既存のサッシをそのまま利用できます。

※窓ガラスの種類によっては、サッシの交換も必要となる場合があります。

“寒さ対策”におすすめの商品

「窓屋.com」では、寒さ対策に以下の商品をおすすめしています。

  • リフォームドア「リシェントⅡ」
  • インプラス
  • リフォームエルスター